第1回常任委員会開催

第1回常任委員会開催

本日、第1回常任委員会を開催いたしました。
奈良県PTA協議会には、「子育て支援委員会」「進路対策委員会」「広報委員会」の3つの委員会があり、それぞれの委員会は、県内の各郡市村の代表委員の方で構成されています。
今日はその各委員の方々の初顔合わせとなる機会でした。
実は、今日お越しくださった委員の方からこんなお話を伺うことができました。
***************************************************
香芝中学校の2年生は、春の校外学習でキッザニア甲子園に行ったのですが、その翌日、学校に一本の電話が…。
「昨日、キッザニア甲子園を訪れていた者ですが、香芝中学校の生徒さんに息子が大変お世話になり、お礼のお手紙を書きたいのです。」という内容でした。
その手紙には、香芝中学校の女子生徒たちが、館内で困っている息子さんに優しく丁寧に接してくれたことへの感謝の気持ちや、館内で居合わせた他の男子生徒たちもしっかりマナーを守り、楽しそうに過ごしていたこと、そして、息子さんが「お兄さんはたくさん友達がいて、大きくてかっこよかった。
僕も大きくなったらあんなふうになりたい。」と話していたことなどが書かれていたそうです。
***************************************************
このように、きちんとマナーを守りながら学校行事を最大限に楽しむことや、状況に合わせて自然に人を思いやり、親切に接することができるのは、とてもすてきなことですね。
そのすてきなバトンはいつか、小さな男の子がきっとどこかで誰かに引き継いでくれるのではないかなと思います。
また、偶然出会った中学生のふるまいに感激し、その良さを直接伝えてくださった男の子のお母さまのおかげで、生徒たちもまた、照れくさいながら、誇らしい気持ちになれたはずです。
思いを行動にすること、思いを人に伝えることって大切だということを我々も改めて感じる事ができました。ありがとうございました。
マスク生活も長くなり、人との出会いや共同作業が制限されてしまう場面もまだ残ってはおりますが、奈良県PTA協議会といたしましては、今回のお話のように、心温まる人とのつながりや親切の輪が、少しずつでもだんだんと広がっていくことを願っております。

117 PV