最後の瞬間まで!子どもたちにエールを!

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、今年の中学校総体もほとんどの競技で、観覧者の制限がかかりました。
コロナの感染現状を考えれば致し方のない措置ではありますが、中学三年生の親にとっては、暑い日も寒い日も、くじけることなく一生懸命に部活に励んできた我が子の集大成であり、また、これが中学生最後の公式戦になるかと思うと、やはり何とかして欲しいという気持ちが先にたちます。

私たち奈良県PTA協議会では、中体連及び観覧不可となった競技の専門部長である校長先生達に、親の代表としてその思いを聞いてもらいに行ってきました。

いずれの校長先生も十二分に協議を重ねた後の決定であったにも関わらず、丁寧に話を聞いてくださいました。お忙しい中、また、急な訪問依頼にも関わらずお時間をいただきありがとうございました。

結論として、試合会場の都合上、観戦は許可されない種目も多いですが、それでも再検討していただいたり、会場等の規制緩和で一部観戦が可能になるかもしれないなどの話もしていただきました。ご協力いただいたみなさまに心より御礼申し上げます。

最後に子どもたちにエールを送ります。

「みんな!!たとえ無観客だとしても、心から応援している人々がたくさんいることを忘れず、最後の瞬間まで全力を尽くして頑張れー!」

error: